フロントオリジナル仕上げ一覧
鉄(耐候性鋼)という素材にこだわり、加工から施工まで研究を続けてきたフロントでは、鉄ならではの重厚な素材感を最大限に引き出す表面仕上げ技術にも磨きをかけてきました。経験を積んだ職人が描き出す多彩な表情を、ぜひ実物でお確かめください。
※ご覧の見本は表示する画面の関係で実際の色とは異なって見える場合があります。

■クリックで拡大します
【1】New RUSTY(F)
耐候性鋼の特性を活かし、
素材の黒皮除去後、独自の錆出し剤を
吹き付けることにより
人工的に錆を発生。その後、
中和処理を施し
特殊つや消しトップコートを
吹き付けて表面を保護しました。
錆の意匠を活かした仕上工法です。
【2】New RUSTY(W)
耐候性鋼の特性を活かし、
素材の黒皮除去後、独自の錆出し剤を
模様付け用ローラーで塗布する
ことにより錆を発生。
その後、中和処理を施し
特殊つや消しトップコートを
吹き付けて表面を保護しました。
錆の意匠を活かした仕上工法です。
 
【3】Super C.F.C(S)
耐候性鋼の黒皮除去後に
特殊なリン酸塩被膜を施し
表面に特殊つや消しトップコートを
吹き付けて表面を保護しました。
素材の持つ独自の質感、重量感、
存在感を表現した仕上工法です。
【4】Super C.F.C(H.L)
耐候性鋼の黒皮除去後に
特殊なリン酸塩被膜を施し、
表面に一枚ずつ手作業でHL目の
表情を加工。その後、特殊つや消し
トップコートを吹き付けて
表面を保護しました。
素材の持つ独自の質感を活かしながら
ラインの美しさを鮮明にした
仕上工法です。
 
【5】Super C.F.C-N (P)
耐候性鋼の黒皮除去後に
特殊なリン酸塩被膜を施し、
表面に職人が一枚ずつ手作業で
研磨模様を描出。
その後、特殊つや消し
トップコートを吹き付けて
表面を保護しました。

素材独自の質感とともに
一枚ごとに異なる美しさが味わえる
仕上工法です。
【6】Super C.F.C-N(S)
耐候性鋼の黒皮除去後に
特殊なリン酸塩被膜を施し、
表面に職人が一枚ずつ手作業で
研磨模様を描出。
その後、特殊つや消し
トップコートを吹き付けて
表面を保護しました。

素材独自の質感を活かしつつ
手作業ならではの研磨表情が
存在感を主張する仕上工法です。
 
【7】C.F.C-N(B-1)
耐候性鋼の黒皮除去後に
特殊なリン酸塩被膜を施し、
表面に職人が一枚ずつ手作業で
研磨模様を描出。
その後、オリジナル色を塗布することで
独特の深い茶褐色に仕上げました。

風格ある色調に手作業ならではの
研磨表情がマッチした
高級感漂う仕上工法です。
【8】C.F.C(B-2)
耐候性鋼の黒皮除去後に
特殊なリン酸塩被膜を施し、
表面に職人が一枚ずつ手作業で
研磨模様を描出。
その後、オリジナル色を塗布することで
独特の深い茶褐色に仕上げました。

風格ある色調に手作業ならではの
研磨表情がマッチした
高級感漂う仕上工法です。
 
【9】Super C.F.C-N(PL)
耐候性鋼の黒皮除去後に
特殊なリン酸塩被膜を施し、
表面に職人が一枚ずつ手作業で
研磨模様を描出。
その後、特殊つや消し
トップコートを吹き付けて
表面を保護しました。

素材独自の質感とともに一枚ごとに異なる
美しさが味わえる仕上工法です。
【10】New RUSTY(E)
耐候性鋼の特性を活かし、
素地の黒皮除去後、独自の錆出し剤を
吹き付けることで人工的に
錆層を形成させ、中和処理を施します。
更に特殊つや消しクリアを
独自工法でトップコートし、
錆の持つざらついた触感を現出した、
より自然な鉄錆の風合表現の
仕上工法です。

【備考】
1)色調、風合いは季節、気象条件により多少異なってきます(【1】【2】【3】は特に顕著です)。
2)色調は材料の板厚により多少異なります。
3)【4】はHL方向 L = 1000 が限界です。
4)【10】の表面ざらつきは、特に都度ご相談ください。
5)色調、風合いは1枚ごとに多少差異があります(サンプルと実際の製品にも差異がでます)。
6)当仕上品は外部使用の場合、経年変化により色調、風合いに変化が徐々に生じます。
7)当サンプル以外に特殊な色調も可能です。特別色としてお申し付けください。
8)採用ご予定の場合は、弊社ショールーム又は実物カットサンプルでご確認ください
(ナンバーでご指示ください)。
9)サンプルは予告なく変更する場合があります。その都度、当社までお問い合せください。
10)屋根面への使用は避けてください。
11)7〜8年に一度のメンテナンスをお願いいたします。
Copyright(C) Front co.,ltd. All rights reserved.